虫歯になりにくいおやつはなあに?

子供向けのお菓子

子供に与えるお菓子選びでは虫歯になりにくいものを優先します。

幼いうちに虫歯になると歯と歯の間隔が短くなるため大人の歯が並ぶスペースに悪い 影響が出てしまうということは、保健体育の授業で習ったこともあるかもしれませんし 覚えてない人も居るかもしれませんが、歯科医師や養護教諭にインタビューと称して 話を伺えば丁寧に解説してくれる事柄です。 悪い影響とは具体的になんなのか、それは歯並びが悪くなってしまいます。 それはやっぱり嫌なことなので、虫歯になって治療をするはめになるよりも虫歯に ならないように皆さんもお子さんも気をつけましょう 子供におやつをあげる場合も、虫歯になりにくそうなお菓子を選んであげるように 気を使うことで歯科医院通いを回避できるようになります。 子供のお菓子選びは育てる親として、腕の見せ所というわけですね。 ではどのようなお菓子がよいのかというと、砂糖(糖分)があまり含まれない甘みの 少ないタイプの物が第一に挙げられるでしょう。 煎餅のように噛み応えのあるものなら歯や顎の成長にも役立ちますし、丈夫な顎を 育成したいのならどんどん食べさせてあげてもいい、優秀なお菓子になります。 甘くないからとヨーグルトばかり食べさせると、顎を使わずにすいすい食べられて しまうので丈夫な顎には育ってくれません。 せっかくですので硬めのおやつで強固な顎を育て、何でも噛み千切れるような万能の 牙を磨き上げてしまおう、親の行動としてはこれが正解です。 煎餅ほど硬くないけどクラッカーもなかなかお勧めできるお菓子です。 甘すぎずにそれなりの強度があるので充分普及点をあげられる優秀さです。

もうちょっと甘いものを、と考えるのならキシリトールの入っているガムなど子供 だけでなく大人にも勧められるお菓子もあります。 キシリトールの持つ糖分は虫歯になりにくい性質を持っているので、甘くても食べ 過ぎて歯医者さんのお世話になることはそうありません。 キシリトールとは白樺や樫の樹木から採取される天然の甘味料で、もちろん甘いです。 甘いのですがキシリトールが持つ糖分は糖アルコールというもので、砂糖のように 虫歯の原因には絶対にならないことが科学的に証明されています。 甘いのだけれどどれだけ食べても、毎日欠かさず食べてもキシリトールならば虫歯 とは無縁の健康的な歯を保つことができてしまうのです。 このことは甘いもの大好きなスイーツマニアなら当然知っていることで、「あの人って いつもお菓子を食べてるけど全然虫歯にならないし綺麗な白い歯をしているし、 太陽の光を受けて歯がキラっと光ってかっこいいけどなぜだろう?」と思われる人は、 たいていキシリトール入りのお菓子を食べていると考えられます。 キシリトールは虫歯になりにくいだけではなく、なんと逆に歯を健康にしてくれる 効果も持ち合わせているのです。 キシリトール入りのお菓子を毎日食べると口の中にプラーク(歯垢)が作られにくく なるので虫歯の進行を停止させることになりますが、歯垢の中にカルシウムを取り 入れる働きもあるので歯の再石灰化の促進もしてくれる素晴らしい成分です。 歯の再石灰化とはつまり歯の再生で、削られたりした部分も修復してくれます。 これなら甘いお菓子でも体の健康を考えても充分にお釣りが来る効果が得られるので、 子供に食べさせるお菓子としてはかなり適していると断言できます。 あとは食事までの時間を考えて食べ過ぎないように、カロリー計算もして分量を調節 して食べさせてあげれば子供も大満足、親も安心となるでしょう。